村田でございます。

窓の外からしとしとと雨音が聞こえる夜
梅雨の只中にあって、むしむしと暑い日が続いていましたが、
昨日からまたひんやりとしています。

九州から西日本にかけて災害級の大雨が降っているとのこと、
また大きな被害に至らないことを切に願っています。
豪雨もいつどこで起こるか分からないことと思います。
どうかみなさまお気を付けて。
ご無事をお祈りしています。



公演の後仕事もようやく落ち着いてきたところなのですが、
もうひとつ、大切なことがありました。
毎回、公演終了後ひと段落した頃に行くのですが、今回も。
花園神社にお礼参りに行って参りました。
稽古開始前、キャストさん方と個別の打ち合わせをしていて、その時に何人かの方とも一緒にお参りに来たりしていたのですが。
ある方がおみくじを引くと言うので私も引いてみたところ、なんと大吉。
なんてありがたい・・と感動し、財布に入れて今も大事に持っています。
今日は雨模様のためか、いつもより参拝するひとも少なめで。
ふと見ると、あの時きれいに咲いていた境内の梅も、今は蒼々と緑が生い茂っていました。

お参りと言えば、これも毎回恒例となっているのですが、今回も公演の本番初日の朝、劇場で私の旧友の僧侶の方に、安全祈願をしていただきました。
彼と私は、互いにお芝居を始めたばかりの頃に共に励んだ仲で、あれからそれぞれの道を歩み、時を経て、今こうしてまた同じ舞台に関われることはとても嬉しいことです。
今回の作品で、登場人物たちには同期、同級生という関係が大元にあったのですが、私にとって彼は正に同期と呼べるひとりで、今回特に感慨深い思いがありました。舞台を愛する、今も私の大切な仲間です。

貴重なご縁と共に、その大きな存在に護っていただいていたと思います。
稽古中、本番期間中も様々なことがありましたが、全身全霊で舞台を創り上げ、出来うる限りの安全策をとり。
その時私ができることは、ただ祈ることのみです。
今改めて、大きな災害や事故もなく、終幕までこの公演をやり遂げられたこと
最後まで全員で、全力を尽くしてこの舞台を実現できたことに、本当に感謝しています。
本当にありがとうございました。



振り返れば、今回の舞台も多くの方々に支えていただいたと思います。
みなさまに、今も感謝の思いが尽きません。
今回ほど、座組みとしての力強さ、暖かさを感じたことはなかったのではないかと思います。
物語の内容が、親しく思いを交わす友人同士、また先輩後輩への思い、恋情と親しいからこその複雑な思いがあり、演じるキャストさん方も、やはりそれぞれに様々な思いを抱えていたことと思います。
それでも。どれだけ悩み苦しんでいても、よく話し、よく笑い。お互いの思いを見詰め合い。
稽古場でも劇場でも、笑顔が絶えず。
物語の中で、友人同士でで楽しく過ごすという場も多かったのですが、稽古中も本番中も、それぞれに遊びごころを持って芝居を繰り出してくれていたり。
参加してくださったキャスト陣・スタッフ陣の生き生きとした表情とその熱い思いに、私は本当に助けられていたと思います。
悩んでも苦しくても、今できる最高のものを。
全員で最後まで全力を尽くして前へ進んでいけたこと
儚く過ぎるたまゆらの時間、その瞬間を全力で生きられたことを、こころから幸せに思います。


only time


劇場に足を運んでくださったみなさまと
参加してくださったキャスト・スタッフのみなさま
ご協力いただいたみなさま、応援してくださったみなさま
貴重なこの奇跡の時を共有してくださったすべての方々へ
Fallen Angels より愛を込めて。
本当にありがとうございました。
みなさまのお陰で私はここまで来ることができました。
ここからがまた始まりです。
ここからまた。
Fallen Angels は、これからもただひたすら
全身全霊で精進して参ります。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



さて。

今回もお贈りして参りました
Fallen Angels 5th stage「 たまゆら 」 稽古場日誌は、本日にて打ち止めでございます。
今回、稽古開始からの総アクセス数はこれまでの最高から約3倍近く、最多アクセス記録を更新しましたv
多くの方々に閲覧いただき、またここまで長々とお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

そして稽古・本番に全力で取り組みながらも、いろいろと工夫してそれぞれの思いを綴ってくれた12名のキャストさま方に、こころから感謝しています。ありがとう。



これからまた暑い夏がやって参ります。
ほんのひと時のたまゆらでしたが、確かに刻まれた奇跡の思いを抱え
また次の季節へと、歩みを進めて参ります。
またみなさまと巡り合えますことを。
次回もこころからの愛を込めて、全霊でお贈りさせていただきます。
どうぞお楽しみに・・


ではみなさま、また次の物語でお会いしましょう。

ごきげんよう!!!




tamayura


tamayura



| 5th stage 「たまゆら」 | 23:55 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

明日は夏至になります。
一年で一番昼が長いこの時期
今日は朝から蒸し暑く。
また雨がやってくるのだな。

少し前、また大きな地震が発生しました。
多くの方々が被害に遭われ、今も不穏な日々を過ごされていることを思うと胸が痛みます。
こころよりお見舞い申し上げます。
今回の公演の本番中にも揺れを感じた回があり
その時は幸い大きな災害に発展せずに済みましたが
やはりできる限りの備えと心構えを持つことの大切さを思います。
自分にできることは何かと。改めて思います。


さあ。
お贈りして参りました愛するキャスト・スタッフご紹介も最後のおひとりとなりました。
みなさま本当にお世話になりました。
大トリ、スタッフ紹介8人めはこの方です。







[舞台監督] 酒井健太 ♂  - kenta sakai -

6/26生 蟹座 A型 
所属 : Route∞


この方に Fallen Angels の舞台に参加していただくのは三回目になります。
毎度ながら前向きなスタンスで、てきぱきと明快なご判断で動いてくださり、その意欲的な取り組みは非常に心強く、私は厚く信頼しています。
やはり生の舞台では、前述の地震が発生した件なども含めて、様々な不測の事態が起こってしまう可能性があるのですが、常に安全に配慮し、この方がいつも万全の体制を取ってくださっているお陰で、私は一度も不安を感じたことはありません。
舞台や公演の進行に関して何かとご相談させていただくことも多いのですが、私の方針や演出意図をよく理解して、的確なご意見やアドバイスをくださったり、いつも率直に話し合ってくださることが、本当にありがたいと思います。
今回の舞台では、立てていただいたセットそのものはシンプルだったのですが、いろいろと工夫してくださり、微妙に多い場面転換と、明確に多い小道具の出はけにもしっかりと対応してくださっていて。また場面転換時の暗転の他にも、お芝居の流れで明かりが暗くなるシーンも多かったのですが、目立ったトラブルもなく進行できたことは、この方のご尽力あってのことと思います。
クライマックスの大仕掛けについては、当初いろいろな案があったのですが、表現したいものを最も照然と表現できる手法を取っていただきました。
随分前のことですが、あれは私が出会ったある日本の民話のエピソードが元になっていました。
その発想から、演劇として舞台上で実現可能かどうか検討しよく話し合い、事前に実際の仕掛けを使用して何度も試み、状態を確認した上で決定させていただいたことでした。
そうしてあの滝の出現を、渾身のお力で実現してくださったことに、こころから感謝しています。
刻一刻と動く多様な状況にも柔軟に対応してくださり、またキャスト・スタッフさま方、そして私にも、いつも細やかに気を配ってくださっていて。座組みの中で、爽やかに確実に、和気あいあいと。
きっとこの方と舞台を共にできるということも、奇跡なのだと思います。
その頼れるお人柄と熱い男気が、立ち上がる作品世界の礎になっていると思います。












| 5th stage 「たまゆら」 | 23:02 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

雨と言えば。
仕込みの前日、劇場での稽古をしていた日に、ものっすごい雨が降りました。
その前の日から降り始めていたと思いますが、さらに雨足が強くなって。
今回、劇中でも嵐になっていたので、物語の内容とシンクロしているようで、不思議な気持ちになったことを思い出します。
翌日から本番期間中は、とてもよく晴れて。
梅雨入り前の、鮮やかな空模様だったと思います。


さてスタッフご紹介参ります
7人めはこの方です。






[チラシデザイン] 近藤貴幸 ♂  - takayuki kondo -

11/24生 射手座 AB型 
所属 : K-WORKS


この方には、Fallen Angels の旗揚げから、すべての作品に参加していただいています。
Fallen Angels の舞台だけでなく、私が他団体さまの公演に参加させていただいた時も必ず入ってくださっている、非常に貴重な存在です。
この方とも長いお付き合いをさせていただいておりますが、今回はチラシデザインとして参加していただきました。
何気に 3rd stage 以降、ずっとチラシ作成に携わっていただいているのですが、作品の内容を象徴する素敵なチラシは毎度お客さまからもご好評をいただいていて、力強く公演を盛り立ててくださっています。
使用しているお写真はこの方に撮影していただいたもので、今回も作中の奇跡の畔のイメージを印象的に捉えてくださっていて、写し出される情景に鋭敏な感性を感じます。
チラシの作成やそれに伴う作業をする上で、私が不慣れなことにも何かと相談に乗っていただいていたり。
初めて演出をやらせていただいた時から。そっとそこに立ち、作品を見詰め。
その変わらない佇まいに支えられ、私は歩み続けられていると思います。








| 5th stage 「たまゆら」 | 20:27 | comments(0) | - | ↑TOP |
:::CALENDAR:::
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

:::CATEGORIES:::
:::PROFILE:::
.
:::PROFILE NEW:::
:::ARCHIVES:::
:::SELECTED ENTRIES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::LINKS:::