村田でございます。

年の瀬が近付いて参りました。
ここ2、3日は朝から冷え込みが少し弛んで
11月中旬くらいの気温だそうです。
それを暖かいと感じるということは
やはり今は、もう冬なのだなと思います。

公演の後仕事もようやく節目を越えひと段落つきましたが、
やり残した大切なことがありました。
私が最初にこの企画を始める時、秘かにお参りしていた新宿 花園神社。
また稽古開始前にキャストさん方と打ち合わせた時も、何人かの方と一緒にお参りさせてもらっていて。
今日、お礼参りに行ってきました。

Hanazono-jinja Shrine


舞台を公演する時は、毎回必ず最大限の安全策を取りますが
何しろ今回の作品は内容が内容だったので・・

今回の公演では、本番初日の朝にも劇場で、
私の旧友である僧侶の方に安全祈願をしていただいていました。
その方は私がまだ演劇を始めたばかりの頃に、共に励んだ私の一番古い芝居仲間であり。
彼に祈願していただけたことは、私にとって非常に感慨深いことでもありました。

有らん限りの力を尽くして作品を創り上げ、そこから先に私ができることは、
ただ、祈ることのみ。

その大きな存在すべてに護っていただいていたと思います。
アクシデントが起こってしまったり、ハプニングはたくさんありましたが。
重大な災害や事故は無く、最後まで誰ひとり欠けることなく
この舞台を全うさせていただいたことを、本当に感謝しています。
こころから。本当にありがとうございました。。


お参りを終え

改めて振り返り、思うことは頻り。

今回参加してくださった愛する座組み キャスト・スタッフ全員のお顔が浮かびます。

今回の物語の構想が浮かんだ時から
実際にそれを舞台に乗せると決めた時から
この企画を立ち上げ動かし始めた時から
本格的に脚本を書き始めた時から
キャストさんとスタッフさんたちと共に歩み始めた時から
みんなと共に稽古に苦しみ喘いでいた時から
この世界の愛と怨嗟に身を焦がし
全員で全力を尽くした本番の時から

思いは溢れて尽きません

ふと見上げた空は、ちょうど陽が傾き黄昏に差し掛かる頃。

――夕方の薄暗くなる、昼と夜の移り変わる時。
  魔物に遭遇する、あるいは大きな災禍を蒙るという、『逢魔が刻』。



hitomoshikoro cast

稽古初期、初めてキャスト全員が揃った時の一枚。稽古場にて



改めまして。
参加してくださったキャスト、スタッフのみなさまと
この公演にご協力いただいた方々、ご尽力いただいた方々

劇場に足を運んでくださったすべてのみなさま

そしてこの10年、支えてくださった多くの方々へ

Fallen Angels よりすべての愛を込めて。
本当にありがとうございました。



今日は冬至、一年で一番夜が長い日でした。
バイクでの帰り道
夕映えに染まる西の空に向かって走っていました。
少しずつ空から色が消えていき、少しずつ灰色に見えづらくなる大気
家に帰り付く頃には静かに夜が訪れていました。
明日から、また季節が動きます・・


ここからがまたはじまりです
Fallen Angels は、ここからまたはじめます
旗揚げから10年の時を経て
この10年を噛み締めて
この灯燈し頃の思いを抱きしめて
これからもただひたすら
全身全霊で精進して参ります
永い時の中で
走り続けて参ります

みなさま これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。




さあ。

今回もお贈りして参りました、4th stage「灯トモシコロ」稽古場日誌は、本日で打ち止めでございます。

ご覧くださったみなさま、長々と最後までお付き合いいただきまして誠にありがとうございました。

今回は更新回数も最多となりました。
深く悩める稽古の最中、それぞれに思いを綴ってくれた12名のキャストさんたちにこころから感謝しています。

闇と愛に咲き乱れた公演でしたが、また訪れる時を見詰め。
地の底深くから、再びみなさまとお会いできることを切望しています。
次回も魂を込めて全力でお贈りさせていただきます。
どうぞお楽しみに・・



ではみなさま、また次の物語でお会いしましょう。

ごきげんよう!!!





With love.




| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 20:55 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

本番終了からちょうどひと月が経ちました。
長かったような、短かったような
速くも鈍くも感じる時間でした。
日毎に夜は長くなり、気付けばすっかり厳しい冬が訪れています。
今夜はまた冷たい雨が降るのかな・・


さて。
お贈りして参りました愛するキャスト・スタッフご紹介もこれでラストになります。
みなさま本当にお世話になりました。
大トリ、スタッフ紹介7人目はこの方です。









[舞台監督] 酒井健太 ♂  - kenta sakai -

6/26生 蟹座 A型 
所属 : Route∞


この方には初めて Fallen Angels の舞台に参加していただきました。
今回の企画の最初期の頃から入っていただいていましたが、当初から積極的に取り組み、何でも率直に話し合ってくださるので、私は非常に信頼感がありました。
さくさくストレートに物事を進め、てきぱきと合理的で明快なご判断で動いてくださりながら、私の意向を汲み取り、たくさんの可能性を提案してくださったり。多方面から、私の方針や舞台に対するイメージを最大限に尊重してくださっていたことが、本当にありがたかったです。
作品そのものに対しても。くどいようですが今回の脚本は場面転換がとても多く。キャストさんの早替えとシビアな出はけの介錯や、暗転中に発動するしかけ、そして冒頭から幾度も散り落ちる花びらと・・舞台的にも重要なきっかけが多数発生していました。また今回、劇場の場内空間すべてを使ってこの作品世界を表現したくて、花道を使用したり、客席の大半を敢えて椅子席でなくしたりしていたのですが。
様々な場に於いて、私が思い描く世界観や微妙なニュアンスをよく理解して、確実に対応していただいていたと思います。
舞台的に最も拘った桜についても、私の難解な要望に繊細に応えてくださり。
舞台上に少しずつ降り積もる花びらは、まるで時を追うごとに咲き乱れていく桜のようで。
ラストシーンまで、明かり、音、キャストと一体となり、この世界の根柢に流れる愛と怨嗟を、舞台空間全体で体現していただいたと思います。
またキャストさんとスタッフさんに対して、いつも細かく気を配ってケアしてくださり。私の無茶なわがままも前向きに受けて立ち、爽やかに、精力的に。限界まで実現できるように動いていただいていて。
この方のご尽力なくして、今回の舞台をやり遂げることはできなかったと思います。
その頼れるお姿と溢れる男気に、こころから感謝しています。










| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 23:41 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

今日も朝から快晴でした。
街を歩くと、もうクリスマスも間近なのだなと思います。
稽古や本番のあいだもそうでしたが、終わってからも何かとばたばたしていて、どうも世の中の動きに疎くなりがちで・・
ゆるやかに、時の流れを見送るばかりです。


そしてスタッフ紹介続けて参ります☆
6人目はこの方。









[スチール/デザイン] 近藤貴幸 ♂  - takayuki kondo -

11/24生 射手座 AB型 
所属 : オフィスBULE LAKE
ブログ : bluelake


この方には旗揚げ公演から、本公演と‘LABO’を含め、Fallen Angels のすべての公演に参加していただいています。
また私が他団体さまの公演に参加させていただく際にも必ず入っていただいているので、私が演出するすべての作品でスチールを担当していただいているという・・貴重な方です。
稽古場でも劇場でも口数少なく、いつもひっそりといらっしゃるのですが、ファインダー越しに舞台とそこに立ち上がる世界を見詰め、私の作品をよく理解してくださっていると思います。
そしてその舞台空間と、キャスト一人ひとりが抱える思い、一瞬の表情を刹那に捉えてくださり。そのお写真に静寂の中の鋭敏な感性を感じます。
また、第三回公演からはチラシデザインも担当していただいていて、今回のチラシも多くの方の目を惹き付ける、印象深いデザインに仕上げてくださいました。
緋色に染まるひともしころの空はインパクトがあり、物語の世界観を痛切に表わしていただいたと思います。お陰さまでこのチラシはお客さまからもご好評をいただき、力強く公演を盛り立ててくださいました。
厳しいスケジュールの中でも、極限まで精神を注いで尽力してくださり。
この方の存在は、私の舞台には決して欠かせません。
思えば、初期の頃から。
永くお付き合いをさせていただいている、私の大切な仲間です。

「灯トモシコロ」の舞台写真は、近日、Fallen Angels サイトの写真館で本格的に公開予定です。
みなさまどうぞお楽しみに・・








| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 23:38 | comments(0) | - | ↑TOP |
:::CALENDAR:::
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

:::CATEGORIES:::
:::PROFILE:::
:::SELECTED ENTRIES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::ARCHIVES:::
:::LINKS:::