村田でございます。

窓の外からしとしとと雨音が聞こえる夜
梅雨の只中にあって、むしむしと暑い日が続いていましたが、
昨日からまたひんやりとしています。

九州から西日本にかけて災害級の大雨が降っているとのこと、
また大きな被害に至らないことを切に願っています。
豪雨もいつどこで起こるか分からないことと思います。
どうかみなさまお気を付けて。
ご無事をお祈りしています。



公演の後仕事もようやく落ち着いてきたところなのですが、
もうひとつ、大切なことがありました。
毎回、公演終了後ひと段落した頃に行くのですが、今回も。
花園神社にお礼参りに行って参りました。
稽古開始前、キャストさん方と個別の打ち合わせをしていて、その時に何人かの方とも一緒にお参りに来たりしていたのですが。
ある方がおみくじを引くと言うので私も引いてみたところ、なんと大吉。
なんてありがたい・・と感動し、財布に入れて今も大事に持っています。
今日は雨模様のためか、いつもより参拝するひとも少なめで。
ふと見ると、あの時きれいに咲いていた境内の梅も、今は蒼々と緑が生い茂っていました。

お参りと言えば、これも毎回恒例となっているのですが、今回も公演の本番初日の朝、劇場で私の旧友の僧侶の方に、安全祈願をしていただきました。
彼と私は、互いにお芝居を始めたばかりの頃に共に励んだ仲で、あれからそれぞれの道を歩み、時を経て、今こうしてまた同じ舞台に関われることはとても嬉しいことです。
今回の作品で、登場人物たちには同期、同級生という関係が大元にあったのですが、私にとって彼は正に同期と呼べるひとりで、今回特に感慨深い思いがありました。舞台を愛する、今も私の大切な仲間です。

貴重なご縁と共に、その大きな存在に護っていただいていたと思います。
稽古中、本番期間中も様々なことがありましたが、全身全霊で舞台を創り上げ、出来うる限りの安全策をとり。
その時私ができることは、ただ祈ることのみです。
今改めて、大きな災害や事故もなく、終幕までこの公演をやり遂げられたこと
最後まで全員で、全力を尽くしてこの舞台を実現できたことに、本当に感謝しています。
本当にありがとうございました。



振り返れば、今回の舞台も多くの方々に支えていただいたと思います。
みなさまに、今も感謝の思いが尽きません。
今回ほど、座組みとしての力強さ、暖かさを感じたことはなかったのではないかと思います。
物語の内容が、親しく思いを交わす友人同士、また先輩後輩への思い、恋情と親しいからこその複雑な思いがあり、演じるキャストさん方も、やはりそれぞれに様々な思いを抱えていたことと思います。
それでも。どれだけ悩み苦しんでいても、よく話し、よく笑い。お互いの思いを見詰め合い。
稽古場でも劇場でも、笑顔が絶えず。
物語の中で、友人同士でで楽しく過ごすという場も多かったのですが、稽古中も本番中も、それぞれに遊びごころを持って芝居を繰り出してくれていたり。
参加してくださったキャスト陣・スタッフ陣の生き生きとした表情とその熱い思いに、私は本当に助けられていたと思います。
悩んでも苦しくても、今できる最高のものを。
全員で最後まで全力を尽くして前へ進んでいけたこと
儚く過ぎるたまゆらの時間、その瞬間を全力で生きられたことを、こころから幸せに思います。


only time


劇場に足を運んでくださったみなさまと
参加してくださったキャスト・スタッフのみなさま
ご協力いただいたみなさま、応援してくださったみなさま
貴重なこの奇跡の時を共有してくださったすべての方々へ
Fallen Angels より愛を込めて。
本当にありがとうございました。
みなさまのお陰で私はここまで来ることができました。
ここからがまた始まりです。
ここからまた。
Fallen Angels は、これからもただひたすら
全身全霊で精進して参ります。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。



さて。

今回もお贈りして参りました
Fallen Angels 5th stage「 たまゆら 」 稽古場日誌は、本日にて打ち止めでございます。
今回、稽古開始からの総アクセス数はこれまでの最高から約3倍近く、最多アクセス記録を更新しましたv
多くの方々に閲覧いただき、またここまで長々とお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

そして稽古・本番に全力で取り組みながらも、いろいろと工夫してそれぞれの思いを綴ってくれた12名のキャストさま方に、こころから感謝しています。ありがとう。



これからまた暑い夏がやって参ります。
ほんのひと時のたまゆらでしたが、確かに刻まれた奇跡の思いを抱え
また次の季節へと、歩みを進めて参ります。
またみなさまと巡り合えますことを。
次回もこころからの愛を込めて、全霊でお贈りさせていただきます。
どうぞお楽しみに・・


ではみなさま、また次の物語でお会いしましょう。

ごきげんよう!!!




tamayura


tamayura



| 5th stage 「たまゆら」 | 23:55 | comments(0) | - | ↑TOP |
コメントする









:::CALENDAR:::
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

:::CATEGORIES:::
:::PROFILE:::
.
:::PROFILE NEW:::
:::ARCHIVES:::
:::SELECTED ENTRIES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::LINKS:::