はい村田でございます。

今日はよく晴れていました。
朝、多摩川のほとりをバイクで走っていると、富士山が見えました。
空気が澄んでいるのでしょうか、山頂部分が鮮やかに。
そこはよく通る道なのですが、ここまできれいに見えることは滅多になく、気付いた瞬間こころも晴れ渡るような思いがしました。
遠くに見える山。白くなっていたのは、雪のせいだと思います。


さてスタッフ紹介はここから後半に入ります−
5人目はこの方☆









[制作協力] 土田さなえ ♀  - sanae tsuchida -

6/30生 蟹座 B型 


この方に、制作協力に名を連ねていただくのは今回が初めてです。
が、実は旗揚げ公演から、本公演と‘LABO’Society の四作で必ず当日制作に入っていただき、毎度お世話になってきた方でした。ゆえに「初参加」という感じが全くせず、当初から近しい安心感がありました。
今回は初期の頃から本格的に入っていただきましたが、公演終了まで細部に亘って私を強力にサポートしてくださいました。
企画を運営していく中、どうしても私の手が回り切らない部分が出てきてしまったりする時も、様々な面でたくさんフォローしていただいていたと思います。制作的にポジティブな提案もいくつもしてくださっていて、新たな取組みをたくさん教えていただきました。
劇場に入ってからも、お客さまに対してはもちろん、キャスト・スタッフ、そして私にも臨機応変に気を配ってくださっていて。
今回の舞台では花道を使用していたのですが、何気にそこからキャストさんが出はける頻度が高く、お客さまの同線と重なっていたため、細かく気を使っていただくことが多く。開場中にアクシデントが起こってしまった時も、状況をよく見極め冷静に対応してくださり非常にありがたかったです。
今回の公演は何かとタイトなスケジュールでもあったのですが、つい余裕がなくなりがちになる私に、いつも優しい物腰で応えてくださっていて。思わずほっとする瞬間が何度もありました。
穏やかに見守るその笑顔に、私はいつも癒されていたと思います。








| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 22:33 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

昨日から、一気に落葉し始めた気がします。
黄色い銀杏の葉が路上に積もり、
強い風に煽られて、散り落ちる枯葉が高く舞い上がっていました。
その中をバイクで走行していると、あの花吹雪をつい思い出していたり。
今朝は身を切るように大気が冷たく
季節の移り変わりを肌で感じます。

はいスタッフ紹介まだまだいきます
その4はこの方々です。









[ビデオ撮影] (株)彩高堂・西池袋映像


彩高堂さまに撮影に入っていただくのは今回で二回目になります。
限られた環境、条件の中でも的確に対応してくださり、いつも頭が下がる思いです。何しろ私が至らないことばかりで、学ばせていただくことも多く、とてもお世話になっています。
撮影当日に私がついばたばたしてしまっていても、撮影班のみなさまが粛々と作業を遂行してくださっていて、非常にありがたいものがありました。
現在、編集作業をしていただいていますが、こちらもとても楽しみですv

映像に関連して、少し。先回で触れたわらべ歌の歌詞をご紹介したいと思います。
序盤のオープニングシーンのみで流れていた歌入りバージョンですが、これを歌ってくれたのはキャストの日向なつきさんでした。
本編中、歌入りの曲はここで一度だけしか登場しないので、お聞き逃しになった方も多いかと思います。
今後もしこの舞台の映像を目にする機会がお有りでしたら、この歌の歌詞にも耳を傾けていただけたら幸いに思います・・



「やまのおそらはすずめいろ
 そらにおよぐあやつりにんぎょう たれそかれ
 あおいゆすらご くびかざり 
 あそぼ あそぼ たれそかれ

 やまにましろのゆきがふる
 ぶらんこゆらゆらかぜにふかれ たれそかれ
 あかいおべべの もずのにえ
 あそぼ あそぼ たれそかれ

 さとにひともす たれそかれ
 もゆるもゆるよ かげぼうし
 あそぼ あそぼ たれそかれ











| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 23:18 | comments(0) | - | ↑TOP |

村田でございます。

今日は暖かいなあ・・
少しずつ季節が進む中の小休止でしょうか。
ふと空を仰ぎ見たくなるような小春日和でしたv


さてスタッフ紹介、参りますわ☆
3人目はこの方です。









[ 音楽 ] 秦 修 ♂  - osamu hata -

1/2生 山羊座 B型


この方に Fallen Angels の舞台に参加していただくのは四回目を数えます。
Fallen Angels の旗揚げの前から私はとてもお世話になっていて、今回の座組みの中で、一番長いお付き合いをさせていただいている方です。
演出する際、楽曲のイメージはとても重要なファクターなのですが、早い段階から作曲に着手してくださっていて。私がお出ししてしまった無謀とも言える要望にも持てる最強の力で応えてくださり、この物語の世界観を根柢からしっかり支えていただいていたと思います。
作品の内容がホラーミステリーであり、和系のイメージも強く、物語を象徴する「わらべ歌」には特に力を入れていただきました。
このわらべ歌は歌詞も完全な創作でしたが、この曲を中心に、M0(お芝居が始まる時の最初の曲)からラストシーンまで、実に印象深い曲たちを創ってくださったと思います。愛と怨嗟が渦巻く物語全体に流れる不気味な不安感と不穏な空気を醸し出すため、すべての曲に様々な技術を駆使し、後を引くような戦慄のサウンドに仕上げてくださいました。
今回、劇中曲のすべてをオリジナルで作曲していただきましたが、本公演で、この方に全曲を書き下ろしていただくことは、私の長年の夢のひとつでもありました。
繰り返しこころに響く。私は、この方が創り出される曲に心酔しています。


○ オリジナル曲公開中
  〜 開演曲 → 「 灯トモシコロ 」
  〜 劇中歌 → 「 わかばのうた 」
 作・編曲/演奏: 秦 修








| 4th stage 「灯トモシコロ」 | 22:43 | comments(0) | - | ↑TOP |
:::CALENDAR:::
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

:::CATEGORIES:::
:::PROFILE:::
:::SELECTED ENTRIES:::
:::RECENT COMMENT:::
:::ARCHIVES:::
:::LINKS:::